要注意!志望動機や自己PRの文章の長さ★短く書けば伝わります。面接官に伝わるから合格できます。

image

昨日の面接落ち脱出講座の内容を一部ご紹介。

昨日来られた方は、お2人とも既卒2年目フリーターの方でした。

会社を3ヶ月で退職された方と職歴ナシの方でした。

見せてもらった面接カードは、ダラダラ感満載でした。

チンタラダラダラああだこうだとヴダヴダで長ったらしいのです。

一文の中に読点「、」が3つも4つも5つも使われているのです。

「また」とか「そして」といった接続詞を使われているのです。

丁寧に説明しようと思われているのかもしれませんが、まるで逆効果。

一文を短く書けば、ポイントが明確になります。

面接官にしっかり伝わるので、簡単に合格できるのです。

京都市下京区筒金町56正面ビル 個別指導の公務員試験面接セミナー

http://mensetsukan.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中